DLFシリーズ

左右分離型 超低床トレッドミル
精緻なリサーチ、最適なリハビリテーションを実現するために専門医との連携により誕生。

OHTAKE低床タイプは、埋込と同様の環境を実現でき、床を歩いている感覚でのリハビリテーションを可能にしました。

特長

  • 低床設計
    低床設計

    走行面高さは先進技術によって実現した床から35mm-45mm。
    DLF-45(走行面高さ45mm)は傾斜機能も搭載。最大傾斜15%の歩行訓練に対応しています。

  • 左右分離型トレッドミル
    左右分離型トレッドミル

    左右のベルト(ダブルベルト公式)で異なる速度設定が可能(同期・非同期/正転・逆転)。
    片麻痺など歩幅の異なる患者さんに、新しい最適な歩行訓練法を提供いたします。

    最低速度0.1km/hからの細やかで安定した速度設定、重度歩行障害にも適切に対応できます。

  • 手摺の調整
    手摺の調整

    手摺の高さは700mm~1000mmまで可変可能で、一人ひとりに最適な環境を提供いたします。
    手摺の幅も調整可能なため、車椅子からの乗り入れにも対応できます。

  • PC制御
    PC制御

    自動化、データ採取、ほかの診断機器との連携も可能になります。

●ボディーカラー
動作解析研究に対応可能なマット調カラー(半艶ブラック等にも対応可能です。

●懸架装置
動作解析研究に対応するための手摺の取り外し、天井からの吊り紐で安全確保するための懸架装置(吊下げフレーム)への変更製作等にも対応可能です。

●サーボモータ仕様
最小速度0.1km/hより最大45km/hの設定ができます。
研究用途等、精緻な計測が必要な場合は、計測にブレがないサーボモータをお勧めします。

DLFシリーズのトレッドミルは、藤田医科大学との共同開発製品です。

製品カタログはこちらをご覧ください。
OHTAKE DLF製品カタログ

-OHTAKEが提供するジャパンクオリティ-

一貫した国内生産にこだわり提供する高い品質は、木材の買い付けから始まります。
走行版には国産天然木を使用し、木材特有の滑らかな走行性を実現しました。耐摩耗性に優れ、設置後の潤滑剤の塗布も不要なことから、長期間に渡りメンテナンスフリーでの使用が可能です。

製品仕様

型格 DLF-35 DLF-45
外形寸法(mm) (W)822×(L)2345×(H)1078 ※スロープ含む (W)822×(L)2385×(H)1088 ※スロープ含む
走行面(mm) (W)320×(L)1840×2×(H)36 (W)320×(L)1800×2×(H)45
手摺(mm) (W)600~767 ×(H)700~1000(20mmピッチ可動式) ※可変式
重量(kg) 140 175
駆動方式 ACサーボモーター
入力電源 本体:単相AC200V 50/60Hz 2.5KVA, PC:単相100V 50/60Hz
負荷荷重(許容体重)(kg) 100
非常停止 押しボタン非常停止(取付方法:着脱式)
速度(km/h) 0.1~6 (0.1km/h毎 ※0.01km/h毎 表示切替可能)
傾斜(%) - 0~15 (0.1%毎 ※0.5%毎 表示切替可能)
距離、時間表示 km(5ケタ)、時・分・秒(4ケタ)
同期非同期 左右のベルトは同期・非同期で速度調整が可能
正転逆転 左右のベルトは正転・逆転運転も可能
操作 PC制御

外形図

  • DLF-35

    DLFシリーズ | 外形図
  • DLF-45

    DLFシリーズ | 外形図